BOOKS & STUDIES LOG ~ 本と勉強会

参加した勉強会と読んだ本を中心にした学びと気づきの記録。記憶を攫っていくエントロピーの波に抗うブログ。

Backlog小ネタ集〜知ってると便利な3つの機能

皆さん、タスク管理ってどんなツールを使ってますか?私は中の人になったからというのもありますが、最近はBacklogというツールでタスク管理をしています。うっかり期限日を忘れてても、期限切れのタスクがどれか教えてくれますし、他の人がどんな作業をしているのかもよく分かるので、記憶力が弱くて会議が苦手な私としては大変助かってます。

ですがBacklogに限らず、ツールを使っていると、リンクの遷移で待たされたり、ちょっとイラッとする瞬間があるんじゃないかと思います。今日はBacklogアドベントカレンダーの企画として、そのちょっとしたイライラを防ぐための機能をご紹介します。解消できなかったらごめんなさい。

イライラその一 よく見る課題をいちいち探すのがめんどくさい!!

仕事でBacklogを使っている多くの方が、複数のBacklogプロジェクトに参加されていると思います。ですが、いちいちプロジェクトを行ったり来たりするのはとても面倒くさいですよね。そこで、よく見る課題をブックマーク的に保存しておける「ウォッチ」機能をお使いの方は多いと思います。ですが、複数の課題の状況をまとめてみたかったりする時もありますよね。別の機能を使うと捗ります。それが「検索条件を保存」する機能です。

f:id:nabemonjp:20171207220959p:plain こんな風に特定の条件を設定して、課題を抽出します f:id:nabemonjp:20171207221101p:plain 「検索条件を保存」ボタンを押すと、名前をつけて保存できます f:id:nabemonjp:20171207221548p:plain 保存した「フィルタ」は、違うプロジェクトにいても、ダッシュボードにいても、いつでもどこでも上のグローバルバーから呼び出すことができます。なので、例えば特定のカテゴリの課題とかをフィルタに保存しておくと、プロジェクトを選んで課題を指定して…と言った細かいステップを省いて、ワンボタンで自分の見たい課題群にアクセスすることができます。

イライラその二 課題の編集やコメント画面でいちいち担当者やスケジュールを変更するのがめんどうくさい!

課題一覧から、課題の編集画面に遷移して、コメントしたり課題そのものを編集して、また一覧に戻って状況を確認して…。課題の数が増えれば増えるほど面倒ですよね。「まとめて操作」で一括変更もできますが、変更内容が全部同じ場合(例えば、該当する課題を全て完了にする)とかにしか使えません。そこでご紹介したいのが「ガントチャート」です。ガントチャートというと、タスクの進捗を日付で可視化するための表ですが、Backlogのガントチャートは、ただスケジュールを表示するだけでなく、画面上で直接課題を変更できるんですよ。

f:id:nabemonjp:20171207221654p:plain f:id:nabemonjp:20171207221734p:plain

さらに、上のGIFアニメにある通り、ガントチャート上から、画面切り替え無しで課題にコメントしたり状態を変更したりすることも可能です。

ガントチャートの機能としてはシンプルかもしれませんが、ガントチャート上から直接課題管理できるわけです。

イライラその三 プロジェクトのファイル置き場をブラウザで操作するのがめんどうくさい!

ファイルを操作したりアップロードするのにいちいちブラウザを介して操作してるとめんどうくさいですよね。実は皆さまがお使いのExplorer(Windows)やFinder(Mac)から、Backlogのファイル置き場に直接アクセスすることができます。

ここではMacでのアクセス方法をご紹介します。 f:id:nabemonjp:20171207233538p:plain 何の変哲もないファイル置き場ですね。 f:id:nabemonjp:20171207233611p:plain

下の方にスクロールすると、「ファイル共有をもっと便利に」という囲みがあります。ここに出ているURLをコピっておきます。

f:id:nabemonjp:20171207233633p:plain

Finderのメニューの「移動」>「サーバへ接続」で、先程コピーしたURLを貼り付けてください。

f:id:nabemonjp:20171207233652p:plain

すると、名前とパスワードの入力を求められます。ここでは ・backlog.jpの方:BacklogのユーザIDとパスワード ・backlog.comの方:ヌーラボアカウントのメールアドレスとパスワード を入力してください。

f:id:nabemonjp:20171207233706p:plain

すると、Finderに先程のBacklogのファイル置き場とまったく同じ内容のファイルが表示されています。

当然、ここのファイルを更新すると、Backlogに上がっているファイルも更新されますし、ここにファイルをドラッグアンドドロップすると、Backlog上にもファイルが追加されます。

Windowsでの詳しい設定の方法はこちらをご覧ください。 (Windows7と書いてありますが、Windows10でもだいたいやり方は一緒です)

Windows 7 の設定 - Backlog (Japanese)

なおこちらの記事は、先日のJBUG(Japan Backlog User Group)のLTで発表した内容を元に書き下ろした記事になります。手抜き気味ですみません。JBUGには、私なんか比べ物にならないぐらいBacklogを使いこなしている達人が集っていますので、もしよろしければぜひ参加して、ピザとビールと言う名のチケットを消化してください。